スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
PERSONA -trinity soul- 第11話「依存の定義」感想
pts-11-4
11話感想。依存症は恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
これは・・・・・ゴクリ
pts-11-1

どうみてもオ○ニーです。本当にありがとうございました。
アバンからこんなの見せてくるとはwwww
(;´∀`)…影抜きのサークルまで作るとはよっぽどの中毒ですね…

そんな叶鳴のために殴られる慎。友達のために頑張ってるなぁ。
pts-11-2
それでも影抜きを求めてしまう・・・依存ってのは怖い。

pts-11-5
「子供の頃、ペルソナ使いに囲まれて過ごした時期があってね。」
もしかしてP3の天田君? 子供の頃にペルソナ使いに囲まれてたって彼しか思いつかない。
でももし天田君だったら声優は緒方さん使って欲しかったけどなぁ。

みんなを裏切ってまた影抜き・・・
pts-11-6
「絶交だ、守本。」

とは言っても心配になる慎は優しい子。お守りを置くシーンがいいですね。
pts-11-3
だが叶鳴は突然、苦しみ始め何かが出てきた。この球体が叶鳴のペルソナ?
それにしても苦しんで叫んでいる中原麻衣の迫力ある演技はさすがといったところです。

気になる終わり方だなぁw 次回が気になります。

にほんブログ村 アニメブログへ

別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200803181223
<<ARIA The ORIGINATION 第11話「その 変わりゆく日々に…」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士ガンダム00 第23話「世界を止めて」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。