スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
PERSONA -trinity soul- 第12話「救済者」感想
pts-12-5

第12話感想です。
pts-12-1
諒やべえええ。これはひょっとして死亡フラグ?


pts-12-2
洵の手術を行った小松原啓祐ってブラックジャック先生並みっすねww
『クランケの将来の為に一切の公表を固く禁ず』
こんな事を書いたのは手術に何か秘密があるからだろうな・・・
普通に見舞いにきてる一行だけど、先週の叶鳴の件はどうなったのだろうかwww
戌井さんは真田先輩の仲間だったんですね。敵じゃないかと心配でしたよw

諒の薬の秘密が今回少し明かされました。pts-12-3
長期に渡る服用が命に関わるって、明らかな死亡フラグじゃないか・・・
映子が伊藤さんに頼んだ内容も気になります。

pts-12-4
諒の前に現れる事故死したはずの小松原。
そして明かされていく組織の全貌。さぁ面白くなってきました!
「秘める者達が最も多く集まるとされてきたこの地だが・・・」
おそるべし富山wwwww

次回予告やべえええええ
pts-12-6
音楽がいつもと違うしサブタイが「朱に染まる雪原」って・・・
諒死なんでくれえええええええ・゚・(ノД`)・゚・。

そういえばペルソナ4の予告が公開されました。

7月10日発売予定ってことは、アニメ版が終わった頃ですかね。


にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200803231452
<<2008年春アニメ! | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士ガンダム00 第24話「終わりなき詩」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。