スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
RD 潜脳調査室 第4話「欲望の環礁」感想
rd-4-1
第4話。調査事務所にやってきた人物は諮問委員会のジェニー・円。
敵役だと思ったんだけど実際は久島の紹介を受けた依頼人でした。彼の依頼はブレインダウンしてしまった人工島の株主の救出と原因究明。波留はこれを引き受けます。

メタリアルは人間の記憶や意識を情報化し観測用電脳システムとして開発されたもの。
しかし低俗な娯楽として市民の間に浸透しているのが現状。
風俗メタルに代表される人間の欲望の具現化こそが技術を発展させたってのはリアルな話です。
AVがビデオを普及させたってのを聞いた事があるし、木曜洋画劇場でもっとも視聴率をとったのはエマニエル夫人だし。やっぱエロってのは偉大なんだなw

ソウタはミナモの変わりに花街へ調査に。危ない匂いのする街ですね^^;
警察なんかあてにならないってのが現実を皮肉ってるなぁ。
波留はメタルにダイブ。そこは時間の流れが止まっていて女性の姿をしているアバターを発見。
快楽を求め続けるのもほどほどにww

欲望の渦に飲み込まれそうになった波留。それを救ったのはミナモでした。
任務は終了。回を追うごとに少しずつメタルというものが見えつつあるのはいいですね。
でもこのパターンは前回もやったなぁ。二人の絆が深まっていくのはいいけど、次回は違う展開を見てみたいです。
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200804302106
<<マクロスFRONTIER 第5話「スター・デイト」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | リボルテックシリーズでYF-19とYF-21がでるだと!? >>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。