スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」感想
mf-6-1
芸能プロダクションにスカウトされるランカ。
しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になっていた。
シェリルがさよならライブのリハーサルを行っていた頃、
ギャラクシー船団がバジュラに襲われたという一報が入り・・・。
mf-6-2
自分の身に何かあった時のことを考えたオズマの苦渋の決断。
でもこれでようやくランカがアイドルデビューへの道を登り始めたぜ。
そういえば名刺にのってるアドレスがminmay@veetor.promotion.co.frだったw
mf-6-5
ミンメイってwww veetorもビクター意識してるなぁwww

mf-6-3
アルトの嘘に表情が曇るランカ。
まぁシェリルとデートしてキスしたなんて言えないよなぁ・・・ でもこの嘘は後々尾を引くぞ。
バジュラの存在を公表する大統領。「それがわかる相手ならまだマシだったさ。」ってことはマクロスFは歌で解決できるような簡単な話ではないってことかな。
艦長はセクハラするキャラなのかよw されて喜ぶモニカはどうかとw
キャシーはSMSに任務でやってくるとは。これはオズマとよりが戻りそうな予感。
シェリルのイヤリングは母の形見でした。御守りとはベタな展開だけどそれがまたいい。

mf-6-4
マクロス発進!!
いよいよ大戦闘って感じです。次週、変形するのだろうか。
ライブでシェリルが歌うダイアモンド クレバスに合わせていた演出は絶妙でした(´∀`*)
個人的に本編からEDへと曲が続く演出は大好きです。
ギアス一期のシャーリーが記憶を失った回のラストで挿入歌を止めてEDに入ったのは興醒めだったなぁ。
あれはBGM・挿入歌はビクターなのにEDはスポンサーであるソニーだから流さなきゃいけなかったけど、マクロスはぜ?んぶビクターだからイイね。アニメで音楽関連がビクターだと実に心強い。

早く次回がみたいなぁ。やっぱ私にとって今期最高な作品になりそうです。
トライアングラーにダイアモンド クレバスに射手座☆午後九時Don't be lateは毎日ヘビロテw
CDの売れ行きは好調でなにより。
愛・おぼもFIRE BOMBERのアルバムも売れたしやっぱすげぇなマクロス!!

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200805091806
<<PERSONA -trinity soul- 第19話「帰還者」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | RD 潜脳調査室 第5話「スーマラン」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。