スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
PERSONA -trinity soul- 第20話「おもいで」感想
pts-20-1
富山湾を中心に起きている一連の不可解な事件と事象は、無意識の海より出でるペルソナを人が弄び続けたことに対する報いであると推測する真田。歪みそのものである稀人たちの複合ペルソナと、九條の研究へと到るまでの過去の開発データ一切の滅却を命題に、慎たちに決戦の気構えを求める。そんな折、慎と洵は二人の時間を過ごす。
pts-20-3
今回、結祈が可愛すぎだろ・・・みゆきちの演技がたまらん(;´Д`)ハァハァ
「お兄ちゃん、大好き」と腕にしがみつくのは反則だw
これじゃさすがに慎も気づくわな。正直、遅すぎと思うがw
でも慎がいたからこそ、結祈はこれまで過ごしてこれたのよね。
兄弟の中じゃ一番特徴がないように見えるけど、人を大切にできる一番優しい子だわ。

pts-20-2
諒の中身が変わってなくてよかった(´∀`*)
久々に諒の声を聞けてホッとしたなぁ。寝顔が可愛かったねw
洵は戻ってこれると結祈が言ってたけど、諒は戻って来れるのかな?
でも映子は死んじゃってるんだよな・・・

pts-20-4
叶鳴は敵かよ・・・慎達と戦うことになるのかな?
だとしたら悲しい展開だ・・・ なんかこの作品は切ない終わり方になりそうな気がしてきたぞ・・・

別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200805181925
<<コードギアス 反逆のルルーシュR2 第7話「棄てられた 仮面」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | マクロスFRONTIER 第7話「ファースト・アタック」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。