スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
CLANNAD -クラナド- 「もうひとつの世界 智代編」感想
CLANNAD 8 (初回限定版)CLANNAD 8 (初回限定版)
(2008/07/16)
中村悠一桑島法子

商品詳細を見る

DVD特典の智代編感想です。
このブログの感想にも書いてたんですが、TVアニメ版CLANNADは正直、いまだに納得いってない仕上がりだった。風子編以来右肩下がりな仕上がりな上、激闘編が不快でした。
話数を使って杏や智代のルートを中途半端に描かれて、本筋の渚ルートの完成度いまいちだったのよね。
当初のスタッフ案のように渚一本道なら良かったのに。

今回のお話は見事なまでに智代一本道。しかもたった1話に智代ルートを凝縮です。
上手いことまとめていたと思います。AIRの時も思ったけど、短くまとめる際の取捨選択は上手い。
そしてなにより面白かった。(私が智代スキーってのもあるかなw)

終盤の坂での二人のシーンとか良かったなぁ。色調もGOOD。
clannadtomoyo-1-1
そういえば特殊EDって本編であったっけ?いつもEDはだんごでしたよね?
特別に話を作ってもらったうえに特殊ED・・・・・・智代恵まれてますw

作画面については、やっぱ堀口さん最高ですわ。
あんまりはっちゃけない京アニ作品の作画が面白みが足りないと思うことがあるんですが、
堀口さんはその中で癖出しまくりで面白い。しかも上手いし。

あと全体的に本編より良かったんじゃないの?ってくらい演出が良かった。
外にいる朋也と春原、室内しかも高い階にいる智代。
対比させてるレイアウトですよね。こういうところが色々光ってた演出だったなぁ。


ちなみにこの話が気に入った一番の理由は智代を描いてくれた、じゃなく朋也の描き方なんです。

アニメ本編では色んなヒロインのルートが入り乱れてたから、例にあげればことみ編の朋也のキャラ(涼元)と、渚編や智代編の朋也のキャラ(麻枝)が混ざってる上に石原さんと志茂さんの解釈もあるから、原作の性格と結構変わってました。
でもこの話の朋也のキャラづけは原作に近いと感じました。
キャラがちゃんと芝居してる作画や中村さんの演技もあって実に良かった。
clannadtomoyo-1-2
こういう表情の朋也が見たかった。アフターではどう描かれるんだろ。


この調子なら一本道のアフターはいい感じでいけるかも?

油断はできないけどw

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200807172004
<<亡念のザムドOP/ED流出 | Lounge ”Himajin” Killer | コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話「過去 から の 刺客」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。