スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
崖の上のポニョ感想
本日見てきた、スタジオジブリ最新作「崖の上のポニョ」の感想です。

ネタバレあるので注意してくさいね。
率直に言えばあまり面白くなかった。
クライマックスらしいものがなく、「あれ終わり?」って感じで幕を閉じてしまう映画だったかなぁ。
でも意味深な演出をしてるシーンが何箇所かあって見終わった後、妙に考えてしまった。
これは一緒に見ていた友人も共通だった。
ちなみに自分は一番見たアニメがトトロで千尋以降の宮崎作品があまり好きじゃない人だ。

・親と子
宮崎駿はアニメ制作が忙しく、奥さんと息子達をほったらかしにしていたらしい。
だから奥さんはアニメ制作という仕事は妻子を泣かせると、身に染みて分かっていたから、アニメ作りを夢見ていた宮崎吾郎に対してアニメだけはやめてと否定した。

宗介の父である耕一は航海をしているので中々帰ってこない。宗介を主に育てているのは母であるリサであり、帰ってこない夫に怒っている。そして船長である父の姿に憧れる宗介。まさに宮崎一家であるw

本編で耕一は家に帰れないので船から発光信号でリサに愛してると伝えた。
これは本当は「ほったらかしてごめん。愛してる」って妻に言いたい駿の本音が現れているんだろう。
また耕一は宗介を天才といってベタ褒めしている。
吾郎をずっと否定してきた駿が「ホントは褒めてあげたかった」って思っている現れだろうか。
おまけに宮崎夫人と逆でリサは一緒に信号を送ったりと、夫と同じことをしてる宗介を否定しないしね。

・親の呼び方
宗介は自分の親をリサ、耕介と呼び捨てで呼んでいる。
ドラマとかでたまにある光景だが本作であえてそうしたのは「親と子の間に垣根を作るな」「親が子供を支配しちゃダメだ」というメッセージじゃないだろうか。

・「好き」
グランマンマーレは宗介の気持ちを聞いてポニョを人間にした。
宗介がポニョを受け入れられるかどうかが鍵となっていたわけだ。当然「無理です」なんていう訳なく宗介はポニョが好きという。だがグランマンマーレがいう「好き」と宗介とポニョの「好き」は意味が違うと思う。

大人の言う「好き」や「守ってあげる」は複雑な意味を持ってるけど、子供のそれは複雑な意味を持たない。
だからポニョの場合、宗介のことが「好き」とハムが「好き」は同質だと思う。宗介も子供だから同じく。

よくある話では主人公と幼馴染が「子供の時に私が好きって言ったけど今でも好き?」「好きだよ」と言い合い結ばれるが、本作では子供の時しか描かれないから、宗介が成長したとき、ポニョの全てを受け入れるのかは分からない。つまり先が不安な状態で終わってしまう。(成長後の続編でもあれば別だがねw)

グランマンマーレの言葉は宗介への課題なのかもしれない。
これから宗介はポニョのすべてを受け入れ守っていかなければならないのだ。
しかし幼少期の子供同士の「好き」にすべてを託した大人たちはいかがなものだろう。
これにも何か意味がありそう・・・

・駿の趣味
戦車、コルベット艦、ゴリアテ、サボイア・・・今まで数々のメカをデザインし登場させてきた駿。
かなりのミリオタなのは有名な話。ポニョではそっち系のデザインで魅力を感じなかった。
フジモトの乗るウバザメ号もシンプルすぎるデザインだし、リサカーもただの軽車。

「なんか微妙」と思っていたら、宗介のポンポン船の描写がやけに細かいww
趣味が出てるなぁなんて笑ってしまったw ああいうのは男心をくすぐられるなぁ。
宗介みたいにポンポン船に乗ってみたいと思った。夢があるよね。

・作画
今回は特に手描きにこだわっているだけあってすごいものだった。
初っ端から海中の生き物達が大量に動いているのだから。そして海も手描き。気持ちが悪いくらいに動く波でしたw 宗介が家から海へと坂を下る時のヌルっとした枚数を使った動きにも唸った。
坂を走るリサカーも「まるでカリオストロだぜ・・・」と思うくらいの走りっぷりでしたw

「エンディングで原画担当者を確認しよう♪」と考えていた私を泣かせたのは、
全キャスト・スタッフごちゃまぜエンドロールでした。・゚・(ノД`)・゚・。 あれは正直困るわwwwww


・レイアウト

ネットでも本でも彼の計算尽くされたレイアウトを褒めるものを色々見てきた。
今回もさすがだった。映画的なレイアウトだからしょぼいなぁなんて感じさせないし。
でもポニョはわかりやすいというか単純な絵だから千尋のような緻密なレイアウトほどの驚きはなかった。
あれをHD画質で大画面で見たら感動ものだろうなぁ・・・
ジブリ作品のブルーレイを望む! 千尋のブルーレイでは赤い映像を何とかしてください^^;;

ちなみにポニョでのお気に入りは、町並みの細かい背景をバックに走るリサカーを横から見せ、画面手前から何隻もの船が横切りそれらを隠していく序盤のシーンです。わかりずらいかな。。。

・音楽
久石譲の楽曲はジブリ作品の成功の要因の一つであると私は思ってる!(断言w
幼い頃、散々見たトトロ。頭に刻まれた「風の通り道」、ナウシカとラピュタのオープニングで鳥肌がたち、豚の愛機が飛び立つシーンで流れる「時代の風」でwktkし、アシタカせっきで涙。
ホント素晴らしいわ。ジブリは恵まれすぎww

だけどポニョでは「これだ!」っていうような曲はなぜかなかった。
ハウルの時も実はそうだったのよね私。でも質は相変わらず高かったので必聴ですよ。

・キャスティング

さぁジブリ作品最大の癌ですねw
上手い人や合ってる人ならいいんだけど、ソフィーみたいなとんでもないのがくるから困る。

宗介役の子は結構良いほうだと思う。ポニョはセリフが多くはないから許せるw
山口智子は声質がいいのでGOOD ただ芝居はもっと頑張って欲しかった。
一茂はセリフ少ねぇぇぇぇw なので違和感を感じないww
所ジョージは、「この人こんなに下手だっけ?」と思った。アルフやバズはもっと上手かったと思う。
特にバズはガチだったなぁ。芸能人吹替でトイ・ストーリーはかなり好きだった。
天海祐希は違和感なし。もっと出番多いかと思ってた。吉行和子もそれなりに。
びっくりだったのはボートの乗って漂っていた家族3人のうちの奥さんが千尋役の柊瑠美だったこと。
本作ではそこまで「ひでぇ」ってのはなかったなぁ。



にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | 映画の話題 | コメント:0
200808050103
<<HNバトン | Lounge ”Himajin” Killer | 10万アクセス突破。・゚・(ノ∀`)・゚・。>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。