スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
バクマン。 1ページ「夢と現実」感想
大場つぐみと小畑健。あのデスノコンビの新連載がジャンプでスタート。
その第1話の感想です。ネタバレありなので注意。
どうしても期待してしまうコンビなんだよなぁ。
デスノは連載初期に読んで以来かなりハマってました。
あの頃は立ち読みじゃなくジャンプをちゃんと買ってたっけなぁ。

もう小畑絵がスゴク好きなのよね。
最近売ってる漱石のこころの表紙に描いてあるイケメンな先生はどうかと思うがw
デスノもあの絵があってこそ好きになったんだと思う。

バクマン。はデスノのような硬い線じゃなく、大分フランクな線になったなぁ。
それに相変わらず女の子のデザインが可愛い。亜豆はかなりキタねw

さてお話のほうだけど、最初に読んだ感想としては「面白い」と感じたよ。結婚とか笑ったなぁwww

「だが断る」「「だが断る」かおもえもそうとうなマンガ好きだな」
「そんな深刻な顔するなよ。デスノートって訳じゃないだろ」と小ネタもばっちりw

少年誌でリアル目で描くのはデスノに近い意気込みを感じたね。

漫画家への道を描く作品になるのか、厳しい現代漫画業界の裏側を描く作品にになるのか。
物語の行方はどうなるんだろうね。まぁアンケートしだいなんだろうけどw

早く続きみたいわ。今後がすっごく楽しみな作品ですわ。



別窓 | 雑記 | コメント:0
200808190032
<<マクロスFRONTIER 第20話「ダイアモンド・クレバス」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士Vガンダム DVD第2巻 感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。