スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
今期終了アニメを評価してみないか?2 コードギアス編
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画に参加させていただいてます。

マクロスF編
http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-312.html

<評価項目について>
ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価
各5点満点です。詳細は企画主さんのサイトへどうぞ。
ストーリー・・・3
物語が進むにつれて作りが荒くなっていき、キャラクターの心理描写などもおざなりになっていった上、終盤では驚かせば喜ぶと思っているのか、超展開ばかりで見ていて苦しくなってしまった。
一期はもっと丁寧な作りだったと思う。媚びすぎる作品は苦手でR2はきつかった・・・

キャラクター性・・・3
全体的にキャラの描き方が悪く納得いかない点が多々あった。脚本アカン・・・
登場人物をあんなに増やさなければよかったのにね。ラウンズとか微妙な印象しかないしw
あと皇帝があっけなさすぎた。ラスボスであって欲しかったなぁ。
最終決戦で福山と若本の熱い掛け合いが聞きたかったよ。

一番痛かったのは黒の騎士団の面々をあれだけ糞キャラ化させたこと。勿体無い。

画・・・4
作画もコンテも安定していたし、良かったと思う。
キャラの絵は相変わらず魅力的。CLAMPよりキムタカを褒めたいw
それにやはり千羽さんがいてこその作品だったと改めて思う。この人がいたから、あれだけ画の質が上げられたんだよ。プラネテスも仕事量が凄かったけど、今回も相当だったなぁw
あと第11話の横になっているC.C.があまりに綺麗でした。描いた人GJ!

さて、よく叩かれるメカデザなんだが私は嫌いではない。
ただ、心の底から痺れるようなカッコいいメカはなかった。ガウェインと紅蓮は好きだけどね。
戦闘シーンに関してはよく動いていたと思う。
でもナイトメアは地上戦が一番!!空中戦になってから面白くない!
個人的にナリタ攻防戦でのランスロットVS紅蓮を超える戦闘がR2ではなかった。

演出・・・3
驚かせようとする衝撃的な引き方は相変わらずだった。
特筆して褒めるようなことはとくにはなかったなぁ。もっと凝り様が欲しかった。
挿入歌の使い方はGood!!


音楽・・・4

やはりHitomiさんの挿入歌ですね。不覚にも最終回はグッときました(涙)
中川さんの曲も一期よりパワーアップして良かった。
OPやEDはFLOWは良かったけど、それ以外は好みじゃなかったな。

総合的な評価・・・4
どうしても一期と比較してしまい、劣ってるように思えてしまう。
ただ楽しませてもらったし、絶対に忘れることはない作品でした。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200810010257
<<CLANNAD AFTER STORY 第1話「夏の終わりのサヨナラ」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話「Re;」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。