スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」感想
00s2-5-1
脚本:黒田洋介/演出・絵コンテ:うえだしげる/作画監督:森下博光、松田寛
連邦政府はCBの出現を逆手に取り、アロウズの重要性を説いた。
それはリボンズによる情報操作の指示でもあった。
さらに、リボンズはイノベイターだけでなく、ある人物を利用して
世界に波紋を投げかけ、統合計画を推進しようと試みる。
一方、カタロンとの合流を果たしたCBは、クラウスから協力を惜しまないという言葉を受けていた。


用事があったのでリアルタイムで見れず、録画した映像を見て感想書いて、ようやくの更新です(涙)
「そうよ…そのまさかよ!」

アリー・アル・サーシェス(ひろし)キタ─wwヘ√レvv?(゚∀゚)─wwヘ√レvv?─!!
正に悪な奴が復活しましたよー
突き抜けて悪いから見ていて気持ちよさすら感じますw 藤原さんの演技がいいのよね(´∀`*)
これから色々やらかしてくれそうで楽しみだ。

さてさて。
「これがアロウズ・・・」「そうだ。あれが我々の敵だ。」
この台詞が象徴的で今回はアロウズがどういう組織かを視聴者に伝える回でしたね。
虐殺って言葉が出てたけど、その言葉に惑わされてアロウズは悪だって簡単に言ってはいけないと感じたのが私の考えです。

連邦政府からすれば、カタロンは反政府活動を行ってる上に"武装"もしてるので迷惑。
それに対処するためにアロウズは結成されました。
その基地に効率の良い無人兵器を送り込むのは軍隊の作戦としては真っ当。

しかしアロウズは子供を殺した最低な奴らなんだよ!と思う人もいるはず。

でもあんな場所で子供を保護してるカタロンもオカシイ。
馬鹿でかいジャブローで孤児を保護するのとはワケが違います。
おまけに幼い子供だって戦う可能性もある。つまり少年兵。過去の刹那のようにね。
だから大人子供関係なしに殲滅っていうのはリアルな戦場ではよくある話。
あそこは武装を蓄えてる反政府組織のアジトだということを忘れてはいけません。

今回は、CBがあそこに子供がいると事前に知ってたのが大きいですね。
CBだって敵施設を攻撃する際、子供が保護されてるかを確認してないでしょ。
知らないところでCBの攻撃で子供が死んでるかもしれないし。

てか1期で施設に子供がいることを知りながら、キュリオスが攻撃をした話があったよね(苦笑)
やってることは近いぞ。罪の意識があればイイでしょ?ってことじゃない。

なので「アロウズは悪だ!」なんて私はキッパリ言えない。

お前はアロウズ主義者か!!殺人を認めるのか!って言われそう(汗)

だけど違いますから!確かにブシドーやビリーやソーマやいるからアロウズは好きだけど(オイ
でも私は軍人じゃないから、殺人はやはり道徳的に倫理的に問題アリだと思います。

だから子供の死体を見て引いてたソーマは人間味が芽生えてるんですよね。
それはセルゲイ大佐のおかげかな?
完璧な兵士として作られた超人である彼女が人間らしくなっていくのは良いことです。

でも果たして超人としての宿命から逃れられるのでしょうかね・・・
過去作品でも強化人間はろくな運命じゃなかったから、ソーマには幸せになってほしいなぁ。

こんなとこで5話感想終わり!

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:6
200811022156
<<かんなぎ 第五幕「発現!しょくたくまじんを愛せよ」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 鉄のラインバレル 第5話「明日への道標」感想>>
この記事のコメント
 
200811022242
私もそう思いますね。CBのやってることとアロウズのやってること、どう違う?って感じです。まあ結局は立場やイデオロギーの違いなんですよね。CBが主人公だからそっちに過剰に感情移入している人が多いですけど、彼らだってただのテロリストなわけですし。まあ、どちらが悪い、なんて一概に言えないでしょう。制作側もそういう意図で、1期に活躍した敵キャラをアロウズに入れてるんでしょうし。
2008-11-02 Sun | URL | ピース #BbQ3bxgg[ 内容変更]

 
200811030314
はじめまして
第一期はとりあえずイオリアの計画通りやってみよう、「善悪」の話はとりあえず置いといて…って感じだったと思うんですが、個人的にはそこが良かったと思ってます。CBが矛盾した存在であるってのが前提だったので、それをどう料理するのかな?と思って見てました。

ところが第二期になって急にCBの正当性を訴えるシーンやセリフが毎回のように出てきますよね。どうもそのへんは個人的にはうーんって感じです。
ま~アニメとしては第二期の方が面白い気がしますがw

ともあれ俺はサーシェス信者なんでこれからが楽しみです。
2008-11-03 Mon | URL | マスター栄者 #MAyMKToE[ 内容変更]

 
私も同感。
200811030609
John Doeさん、こんばんちょりっす。私も体調崩して
これからよーやくレビュー書きです。汗

私も「これがアロウズのやり方か」と上から目線の
ティエレアとアレルヤにはなんか、すっごく冷めた感じ。
だって終局的にソレスタルビーイングが沙慈やルイス、
他罪無き人々に及ぼした悪行と、ほとんど変わらないじゃ
ないですかねぇ。
これで「だから悪いアロウズを倒すんだ」的な展開じゃ
余りにも単純だし、お粗末でしょうね。

今週はなんかもうマイスター全員顔晒しちゃうし、
この人達って一体何考えてんだろーって気持ちでした。逆に
ソーマと沙慈のこれからの人生について凄く重い気持ちに
なりましたね。
とにかく今週はヒロイン・ソーマと沙慈のドラマだったと断言
しても良いんじゃないかなあ。

で、アリーも出たことだし、そろそろ模擬戦の彼にも
ご登場頂きたいですよ。癒しが欲しいです、癒しが!!笑
……カタギリと仮面が再会してくれれば、ちょっとは
癒されるのかもしれませんけど♪
2008-11-03 Mon | URL | 空想野郎 #OGPSQbQg[ 内容変更]

 
200811032149
ピースさんこんばんは。
>立場やイデオロギーの違い
その通りだと思います。
CBだってテロリストなのだから批判できる立場ではないのですが、映像上ではCBは正しい!アロウズは悪!と必定以上に強調してるのが私は好きません。
もっとマルチな視点を制作側は与えるべきだと思います。
鍵となるのはアロウズ側でありながらも疑問を抱いているマネキンやソーマでしょうね。

コメントありがとうございました!
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #-[ 内容変更]

 
200811032216
マスター栄者さんこんばんは!
>CBが矛盾した存在であるってのが前提だったので、それをどう料理するのかな?
私もマスター栄者さんと同じ見方をしていました。
1期はどこの勢力が悪いと決め付けない作りでしたよね。
(スローネというあからさまな悪が出てきたりはしましたが。)

しかし2期はアロウズは悪!と決め付けるかのようで好きません。
方向性が善悪の話に近づいていて、1期より単純化してると思います。

ですがマスター栄者さんのいう通り、そのほうが面白いのかもしれません。
善悪だけの話なら解り易いですしね。
1期でスローネが出てきてから面白くなったという意見が多いのは、彼らが"いかにもな悪"だったのが影響してると思います。

私は1期のどこが悪と決め付けない作りが気に入っていたので残念ですが(苦笑)
今後はCBの矛盾についてどんどん突っ込んで欲しいです。

>ともあれ俺はサーシェス信者なんでこれからが楽しみです
私もサーシェスは好きなんですよ。彼は生粋の悪役なんです!
矛盾ばかりのCBよりも、見ていてスゴク気持ちが良いしカッコよく思えてきますよ~

コメントありがとうございました!
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #-[ 内容変更]

 
200811032355
空想野郎さん、どもっす。
体調のほうは大丈夫ですか?

私も今週のCBの連中にはうんざりしましたよ。
特にアレルヤの「子供達もいるのに」発言はアロウズの非道っぷりを視聴者に伝えるための演出でしょうが、超人機関の子供達を皆殺しにしたアレルヤが言えたことじゃないですよね。どの口がそう言わせるんだろうって感じでした。。。
顔晒したのも相変わらず機密も何もあったもんじゃないですよね・・・

ソーマは養子になることを決め、幸せに近づいてますが、やはり波乱な道を辿ることになりそうです(涙)
沙慈に関しては彼はあくまで被害者だし、大佐に話したのも何が悪いって感じですわ。
かなり叩かれてますが私は応援したいですよ。

CBの持ち上げっぷりといい、色々気持ちが悪いので、こんなときにこそコーラの存在がほしいですね・・・はぁ・・・

今回見ていて、ブシドーさんが孤独だなぁと感じました。
部下達と戦っていた頃と違ってワンマンですからねぇ。
好きに行動できるとはいえ、どこか寂しい。。。早くビリーきてくれー(笑)

ではでは。
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。