スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
Blu-ray版「ストレンヂア 無皇刃譚」感想
ストレンヂア -無皇刃譚- (Blu-ray)ストレンヂア -無皇刃譚- (Blu-ray)
(2008/04/11)
長瀬智也宮野真守

商品詳細を見る


ボンズ制作の時代劇アニメ映画「ストレンヂア 無皇刃譚」のBlu-rayを購入しました。

本編と特典ディスクの感想です。
スタッフ
原作:ボンズ 監督:安藤真裕 脚本:高山文彦 人物設計:斎藤恒徳 作画監督:伊藤嘉之
美術設計:竹内志保 美術監督:森川篤 色彩設計:中山しほ子 撮影監督:宮原洋平
編集:板部浩章 音楽:佐藤直紀 音響監督:若林和弘 音響効果:倉橋静男
プロデューサー:南雅彦 アニメーション制作:ボンズ 配給:松竹


ストーリー
実に王道。でも不足を感じさせないし、クドくなくドライな感じ。
張った伏線もしっかり処理。最後もしっかりと締めていた。

難しい話ではないので見る前の予習や深い知識もいらない。
気が向いた時に見て、純粋に楽しめる作りでもあると思います。

ストイックな感じが漂ってて、彩度の低い映像や媚のないキャラが更にそう感じさせる。
でも終盤で名無しが仔太郎を助けに来る所で一気に胸が熱くなる。
最近、涼しいなと思ってたのにエアコンをつけてしまったw

見終わった時、気持ちいい余韻に浸れるストレートさがありました。

"シンプルなんだけど骨太"な話の映画です。

キャラクター&声優
本作を見る前に多くの人が懸念すると思う点はプロの声優以外の演技。
要は話題作りにありがちなタレントや俳優の起用です。
"酷すぎで合ってない"、"下手だけどハマってる"、"上手いしハマってる"
今までそういうパターンを散々見てきたけど、名無し役の長瀬智也は中々良い。

まず声がカッコいいし、名無しの冷めた雰囲気も出せていたし、何よりリアル感があった。
仔太郎と話すときは声が優しくなっていたりと、細かな演技も良い。
特に、とあるシーンの「どけぇーっ!!」は震えた。
ちなみにあのシーンは長瀬の演技に作画が負けていたので修正したそうだ。
もう何回か声の仕事を是非やって欲しいと思ったなぁ。

知念侑李は小生意気な感じと子供っぽい可愛さのある声だった。
軽く棒だけどリアルな男の子感が出ていたなぁ。
そういう意味では仔太郎は女性声優じゃなくて良かったと思う。

竹中直人は押井作品で聞きなれてるので違和感ありませんw
名無しに独白している時のヘタレ具合が良いw

脇を固めるのはプロの声優たち。
山寺宏一、大塚明夫、石塚運昇、宮野真守、坂本真綾、野島裕史etc・・・
安心して聞ける方達です。とくに山ちゃんは中国語セリフお疲れ様でしたw

映像
本作はチャンバラアニメなので、随所随所で戦いが描かれています。刀、槍、短刀、弓などの色んな武器に、超人的な動きをする中国人集団などアクションものとしての見所は十分。
そしてアクションシーンの作画は期待を裏切らない出来でした。

まずオープニングで山ちゃん演じる羅狼が野伏をバッサバッサと斬っていくシーンで見入ります。
全体的に作画だけじゃなくカメラワークも秀逸で臨場感を上手く演出し迫力のある映像です。
これは撮影スタッフはすっごく苦労したと思いますw

ボンズ作品なので、私みたいに中村豊作画のアクションシーン目当ての人もいるでしょうw
終盤の名無し対羅狼が担当パートで、超絶クオリティの剣戟を拝めます。
戦いの舞台が平地ではなく高台なので、上下の動きも加わり、とにかく動く。
すごい戦闘シーンが見たいって理由だけでも見る価値のあるアニメ映画です。

戦闘だけじゃなく、美術も良かった。昔の日本の哀愁ある美しい風景が素敵。
外国人に見て欲しいなぁと思った。

音楽
エウレカのご縁で佐藤直紀が担当。
オープニング曲があまりにカッコよすぎる!音楽も映像もテンション高いから、すっごく印象に残りました。
また随所に使われるテーマ曲も綺麗なメロディだったなぁ。サントラを買いたいと思います。

特典ディスク
メイキング、脚本、原画、コンテ、パイロットフィルムなどが見れます。
メイキングを見て、この作品は南プロデューサーがいたから出来たんだなぁと思いました。企画を拾ってもらえて、こんな良い映画が監督デビュー作なんて安藤真裕監督は恵まれすぎw
今後、どういう作品に参加するのか期待してます。
また、高山文彦による脚本が全部入ってるのは勉強になりますねぇ。
原画は見てて惚れ惚れしたw アニメーターってやっぱすごいなと実感。



これは買って正解でした。
ブルーレイの画質、音質ともに文句はなし!内容も良し!
人に勧めたくなる映画でした。こういう劇場アニメがもっと見たいですね。

にほんブログ村 アニメブログへ

別窓 | 映画の話題 | コメント:0
200810092318
<<CLANNAD AFTER STORY 第2話「いつわりの愛をさがして」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 亡念のザムド 第3話&第4話感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。