スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
かんなぎ 第三幕「スクールの女神」感想
kannnagi-3-1
脚本:倉田 英之 絵コンテ:五木 巌 演出:平向 智子 作監:後藤 孝宏/亀谷 響子
美術部部長の木村貴子に倉庫整理を命じられた仁。
仁は同じ学年の響大鉄、秋葉巡、そしてつぐみと共に倉庫整理に向かうのだが、その倉庫はオバケが出るという噂の場所だった――。
少ない人数で構成してた前回までと打って変わり、キャラが一気に増加で賑やかになった3話です。

ちゃんと各人物が丁寧に描かれキャラ立ちしていたなぁ。

ロボアニメ良く見る人間からすれば美術部男子部員のキャスティングが楽しかったですw

仁役の下野氏はラーゼフォン主役。
大鉄役の星野氏はガン×ソード主役。
秋葉役の柿原氏はグレンラガン主役。

なんという・・・てか星野氏の声を久々に聞きました。
ヴァンは良かったですねぇ。カコイイ童貞でしたw
倉田氏の推薦でかんなぎで大鉄役に選ばれたのかな?

毒蠍先生役に八奈美氏という大御所使ってきたのもビックリしました。


今回はギャグが際立ってましたね。
お気に入りは組み手を始めたナギと仁です。
そこらのしょうもないアニメの戦闘よりよく動いていてワロタw

巨乳派の話の際、つぐみがナギと自分の胸を比べて、ガッツポーズをしていたシーンも好き。
あのシーンでつぐみを愛おしく感じたw

ヤマカン関連のネタもありましたよね。
ロリっ子キューティーを語る秋葉のセリフで・・・
「特に矢島監督と橋田さんの作監のコンビの神回は劇場版に匹敵するクオリティで演出も大人向け。DVDもその巻だけ売れてるらしいし妄想ノオトでも絶賛されていた。」

妄想ノオトをネタにすんなwww
あの騒動も懐かしいですね・・・今でもコピペがいろんなところに貼られてるけど。

らき☆すたにあった「臭い」ネタをあからさまに入れてきたのもw

そのうちドクロちゃんみたいに「その域に達していない」ネタが使われるかもしれんねw


相変わらず安定した面白さでした。
ざんげちゃんが次週からどう絡んでくるのか期待です。

okama氏の絵(・∀・)イイ!!
kannnagi-3-2

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200810191401
<<機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第3話「アレルヤ救出作戦」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 鉄のラインバレル 第3話「蒼の戦慄」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。