スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
CLANNAD AFTER STORY 第5話「君のいた季節」感想
cas-5-1
脚本:志茂文彦 演出:北之原孝将 絵コンテ:武本康弘 作画監督:西屋太志
朋也と渚は、春原に会いに男子寮を訪れる。すると彼が寮母の美佐枝にお仕置きされていた。何でも、彼女がかわいがっている猫を春原が売ろうとしたという。
志麻くん可愛すぎる・・・・・・

絵の良さもさることながら、朴さんの演技がすごく良いです。
朴さんの声ってエド系な男って感じの声より、ロラン系の柔らかい声のほうが私は好き。

演技上手いしグッときた。これは次週ではホロリときてしまうかもね。

美佐枝さんのシナリオは原作プレイ時から結構気に入っていたので、どう映像化されるのか気になっていたのですが、とてもGOODでしたよ。上手くまとめたなぁって印象です。

なんだかAFTER STORYになってからイイ感じに進んでるなぁε-(´∀`*)ホッ

欲を言えば朋也がベッドの下に隠れる辺りもアニメで見たかったけど(笑)

そういえば美佐枝さんって苗字が"相良"なんだよね。

で、声が雪野さんだから、やはりフルメタを連想しますよねぇ?(早く4期見たいです)

青い髪とか荒っぽいところとか妙に共通点がある。

おまけに今回はコンテが武本さんって・・・確信犯だなコリャ(笑)

作監は西屋さん。この方の絵柄は好きだなぁ。
コミカルな春原の表情が豊かだったし、美佐枝さんも綺麗だなぁと思った。
ハルヒ二期の総作監だそうなので期待してます!

ふと思った。

志麻くんのキャラデザが勝平に近い(ちなみに原作には志麻くんの絵がないんですよ)
やはり勝平は出しませんってことかなぁ。被っちゃうと変だし。

一人だけ出ないって気の毒ですなぁ(涙)


そんなこんなで、第5話とても良かったです。

次週がマチドウシイ・・・

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200810310329
<<鉄のラインバレル 第5話「明日への道標」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 「雨が降る」を買ってきました。>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。