スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
鉄のラインバレル 第5話「明日への道標」感想
kurogane-5-1
脚本:吉村清子 絵コンテ:名村英敏 演出:白石道太 作画監督:小島彰
浩一はラインバレルの暴走により気絶してしまい、JUDAに保護される。
そこで彼はJUDAの社長、石神邦生に正義の味方として一緒に戦おうと誘われる。
予告の社長にワロタ(笑)
浩一が更生して「最低です!」の決めセリフがどうなるのかなぁと思ってたら、ああ来ますか。

ところで、某所の書込みや他のブロガーさんの感想では、
浩一がまともになって残念という意見を結構見ますね。確かにそれはあるかもしれません。

あの痛さ全開っぷりが作品の掴みとしてはバッチシだったから、ずっとそれで話が進むのを願ってる視聴者がいるのはよくわかります。いじめられっ子の歪んだ正義を最後まで行使するのも面白い展開だったかもしれません。どっちかといえば私はそのほうが良かったかな。

アニメ版は中途半端なオリジナル要素を入れないで、
最初から原作要素の使った別物な話にしても良かったかもしれませんね。
関係者の谷口さん絡みで言えば、プラネテスの原作とアニメくらいの差にしても構わんと思うよ。

それと不安に思ってたことが現実化してしまった。
死んだ矢島の扱いが少し軽い脚本だったと思う。

原作では・・・・

浩一が1週間も葛藤し続け、葬儀にも出席しない。
そして社長が送ったイズナとシズナがやられてる映像を見て助けに向おうと走り出し、
「大事なのは「どうすればいいか」じゃない。お前が「どうしたいか」だ。せっかく手に入れた力なんだろ?なら、正しいコトに使ってくれ」
という矢島の言葉を思い出してラインバレルを召喚する。

この流れが良かったのに・・・・・・(涙)

矢島の言葉も活きてたし、死にももっと意味を感じられた。
ラインバレル召喚のシーンも熱かったのよね。理沙子と抱き合うシーンも良かったんだ。

今回に関してはアニメ版が明らかに劣化してるわ。
これまで浩一・矢島・理沙子の三人をフューチャーしてた作りだったのにあっさりしすぎ。

CGも不満が募ってキタ。
前期のブラスレイターのほうがよっぽど動いてたぞ。おまけにカメラワークが秀逸だったし。
それに一瞬で敵を切り裂く描写は萎えるなぁ。
こういうお話なら、もっと凝った戦闘にしたほうが情緒が出ていいのに。
原作ではここで沢渡と戦ってたよね。

3話の森次不足も含めて、現状、アニメ版は私の中で下降気味です↓

なんか惜しいんですよねぇ。絶対もっと良くできるのに。

原作つきアニメの感想は否定気味になることが割と多い・・・でもアニメ版、嫌いではナイですから!


にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:6
200811010428
<<機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | CLANNAD AFTER STORY 第5話「君のいた季節」感想>>
この記事のコメント
 
200811010548
私も不評です。理沙子とのやり取りカット、矢島妹とのやり取りもカットは酷すぎる。3話の森次さんの名台詞カットより酷い。
もっとテンポよくやって自分の墓壊すシーンなければ入れられたと思います。
なんかアニメ版は早瀬と城崎を主人公とヒロインだと強調しすぎてて他のキャラを割食わせてる印象が酷くなってきました。
2008-11-01 Sat | URL | まんねんねたろう #-[ 内容変更]

 
200811011926
またお邪魔させてもらいます。
私も原作は目を通しているので、御気持ちはよくわかります。
ただ、原作本通りにいっちゃうと理沙子の助けなどもありますが、『一人立ち』に思われるのが難点かなと思いますし、アニメから見始めた人にはあの演出もありなのかもしれません。
6話あたりで『浩一は相変わらず馬鹿ですよ』という描写が来ると思いますが、それと同時に矢島の死も忘れていない描写も欲しいと思います。
顔の描き方など見ると、結構ネット界隈の感想も取り入れてる?節もあるので、演出面でも原作ファンの不満も何処かで取り入れるとは前向きに見てます。
確かに残念な面はありますが、声優さんはハズレ無しですし、ロボ物好きな人間として選択肢が無い(苦笑)のもあるので、見届ける予定です。
欲言えばもっとマキナの出番を増やせなんですけどね。(笑)
2008-11-01 Sat | URL | ふみつき #0VWFiz3o[ 内容変更]

 
こんばんは!
200811012031
John Doeさんこんばんは!
まずは浩一の成長第一歩ですね…まってましたというより残念がられてる主人公って(笑)
個人的には、オリジナル設定ならばこのまま痛いキャラの方が面白かったかもしれませんね

矢島の葬式に出るという描写は、死んでしまったことを真正面から受け止めたということが表れたと思えば納得ですが、紗季ちゃんとのやりとりはやっぱり入れてほしかったです(^^;)
あれがあってこそ、やっぱり成長したと実感できるたんじゃないかなぁと(苦笑)

ディスィーブの戦闘シーンは思ったより見やすかったなと思いました!
ではでは、お邪魔しました^^
2008-11-01 Sat | URL | 李胡 #POQ5NLzM[ 内容変更]

 
200811030333
まんねんねたろうさん、こんばんは。

私は特に原作の理沙子とのやり取り~屋上でラインバレル召喚までのくだりが好きだったので、
アニメ版が劣化と思えてしまう変更を行ったのは「なんだかなぁ・・・」って感じでした。。。

>早瀬と城崎を主人公とヒロインだと強調
胸を触わってラインバレルを呼ぶアニメオリジナル行為もその一環ですよね。
それと同時に幼馴染三人の関係にこだわっているような作りにも見えていたのですが、
肝心な矢島死後の展開でこれでは先が思いやれます(苦笑)

やはり原作物の映像化は難しい…
どうしても不満がでてきちゃいますよね。

ではではコメントありがとうございました!
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #MDo56pwE[ 内容変更]

 
200811030448
ふみつき さん、またまたありがとうございます!!

>アニメから見始めた人にはあの演出もあり
私は矢島と理沙子の言葉に支えられ戦いに向う原作の流れのほうがドラマチックだし熱かったと感じましたが、アニメの城崎の言葉に押され戦いに向うという流れも主人公とヒロインである二人の関係を強調しているので
悪くはないなぁと感じました。好みで言っちゃえば原作なんですけどね(苦笑)

>6話あたりで『浩一は相変わらず馬鹿ですよ』という描写
>それと同時に矢島の死も忘れていない描写も欲しいと思います。
コレ重要ですよね。
特に矢島の死に関しては浩一と矢島の妹である紗希の会話が意味のあるシーンなのでアニメでも是非描いてほしいと思っています。

>ロボ物好きな人間として
私もです(苦笑)
ロボットアニメは大好きなので文句がありつつもみてしまいます。
もっと戦闘シーンが見たくてしょうがない!

原作読者に不満が生まれるのは原作つきアニメの悲しい性なんですかねぇ。

ではコメントありがとうございました!
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #-[ 内容変更]

 
200811030450
李胡さんこんばんはです!!
私はもうちょっと痛さ全快っぷりが見たかったので残念な感じです(笑)

>紗季ちゃんとのやりとり
2巻ラストですね。あそこは欲しかったですよねぇ…重要なシーンだったと思います。。。
これからでもいいから浩一と紗希の会話は描いてほしいなぁ。

原作では矢島の死後の展開が結構ドラマチックで
ロボ物としての燃え要素もあり、読んでて盛り上がったのですが、
残念な事にアニメ版は物足りず、いまひとつでした。

私はディスィーブの戦闘は物足りなかったかなぁ。
とはいえ原作でも登場してすぐに苦戦してましたが(苦笑)

コメントありがとうございます!!
2008-11-03 Mon | URL | John Doe #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。