スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
まりあ†ほりっく 第2章「甘美な疼き」 感想
maria-2-1
OPが素晴らしい!同じシャフト作品ではネギまのOPに近い感じ?
期待を裏切らないクオリティのオープニングですね。さすが尾石さん!
歌のほうも画伯が弾けちゃってます!
maria-2-3

まさに鼻血の海な本編。

新たな学園生活初日から、かなこの酷い変態っぷりと鞠也の鬼畜っぷりw
これこそがこの作品の醍醐味ですね。

それが新房作品特有の技法でさらにオモシロいことになってます。
1話に比べて演出が濃くなってきていますが、これが合わない人はキツそうですね(汗)
ぱにぽにや絶望もクセが強く、批判が見られましたし。
手抜きと言われることもしばしば。ても私は好きだぜ!(キラーン)
文字とか使って1つの絵を面白くさせているのは楽しいしね。

maria-2-2

選り取り見取りの美少女達。かなこ大興奮w

しかし絶望少女を彷彿とさせるキャスト陣だ。new谷良子さんの声を聞いた瞬間、「普通」と思ってしまうw

隆顕サマは部屋から追い出されてしまったらしい。KEEP OUTのテープ張るとか、どこの捜査班だよw
ルームメイトになるとイジメに合うかぁ。女の嫉妬は怖い。
しかも魚介類を使った、まさに"陰湿"なイジメ。う?んウェットw
でも机の上に兜煮が置いてあるとか爆笑ですねww

キャラの紹介も兼ねながら、かなこと鞠也のフラグが生まれている感じでした。
「どうして胸が苦しいんだろう」という台詞を聞く限り、かなこは、ときめいちゃってるんだねw
まつらいさん演じる生徒会長と鞠也の関係も気になるところですね。

今回はエンディングなしでガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


maria-2-4
エンドカードは小林尽先生。


にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200901121633
<<「カウボーイビバップ」映画実写化へ向けて始動! | Lounge ”Himajin” Killer | NHK大河ドラマ「天地人」 第2回「泣き虫、与六」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。