スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
CLANNAD AFTER STORY 第17話「夏時間」感想
cas-17-2
渚の死から早5年…
育児は任せきりで仕事に没頭、酒にタバコにパチンコと堕ちた生活を送る朋也。
何もかも忘れたかったんだね。。。
皆で出かけようと誘われ、古河家に訪れる朋也でしたがアッキーと早苗さんはいない。
そう、夫妻の策にハマったのです。これを期に汐との関係を深めて欲しかったんでしょう。
しかし朋也と汐はギクシャクした感じ。
父親なのに子供と、ろくにコミュニケーションをとっていなかったんですねぇ。
汐に対する刺々しい喋り方がナイス演技です中村さん。

走り回る汐を探して渚の部屋を見た朋也が「渚・・・」とつぶやくシーン…あぁ…(涙)

汐は健気な子に育っていました。早苗さんとアッキーの育て方のおかげですね。
「アッキー」って言ってるのが微笑ましいです。
少々我がままなのは、やはり年齢が年齢だからねぇ。
上手いなぁと思った演出は、炒飯の食べ方が実に幼い子供っぽくてリアル!原画さんもGJ!

cas-17-5

実の子供に嫌味で冷たいものの言い方をする朋也。
ましてや子育てを一切してないんだから、「最低!」と思う視聴者もいるよね。

でも朋也は渚のことしか頭になかった、渚が全てだったんだよなぁ。
渚は自分の命よりも、子供を産むことを選んでいたけど、朋也は、子供よりも渚のことを重視しているように見えたし。その渚が死んでしまえば、死のきっかけとなった出産、つまり汐に対して、まるで憎んでいるかのような態度を取ってしまうのだろう。

私は今の朋也を見て「嫌な奴」とは思うけど、同じ境遇になった時を考えると彼を否定できない。

朋也の場合は、相当憎んでいた直幸と同じようになっているから皮肉ですね。

古河夫妻も、5年間の朋也に対して怒りもあったと思う。
でも渚を失った朋也があまりに可哀想で見ていられなかったのかもしれない。

今回、早苗さんを見ていて「朋也と違ってこの人は強いな」と思いました。
cas-17-3
実の子を失ったんだから、相当悲しかったはず。朋也だけじゃない。
それでも孫をあそこまで育て、ましてや朋也と汐の関係を良くしようと努力してる。
やさぐれた朋也と対象的に悲しい顔を見せもせず笑顔だし。

早苗さんは渚の死をしっかり受け入れているんですねぇ。
朋也が目指すべきなのは、こういう人なのかもしれません。
今後の彼を見守らなければ!(笑)
CLANNAD AFTER STORY、ここにきてより面白い話になってきました。

原作ファンの私も納得の17話でしたよー。


cas-17-4
ラストのエンディングへの繋がりはやられました(笑) ナイス演出!

↓記事が良かったら押していただければ嬉しいですm(_ _ )m
にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200902062356
<<機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第17話「散りゆく光の中」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。