スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
八代将軍吉宗 総集編 第一部「紀州の殿様」感想
hatidai-s1-1

1995年のNHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」の総集編第一部をTSUTAYAでレンタルしました。
吉宗は2話までしか見てないので、ちゃんと見るのはこれが初めてです。

上の画像にある本編冒頭に映る題字は仲代達矢さんが書かれたものなんですね。知らなかった!
本作の特徴といえば江守徹演じる近松門左衛門が本編をナビゲートをするという点。
パネルを使ったりして詳しい解説をしてくれます。
江守さんの語りが楽しく、現代語も交えて話してくれるので、とても解り易い!

この手法は後の「葵 徳川三代」にも使われています。ちなみに私が1番好きな大河はその葵です。
脚本のジェームス三木繋がりってことで、今回、吉宗をチョイスしました。
「独眼竜政宗」も好きだし、結構お世話になってる脚本家だなぁ。

ジェームス三木の大河といえば豪華キャスト。
上手い役者達の素晴らしい演技を堪能できるのが素晴らしい。

主役の徳川吉宗を演じるのは西田敏行。
疱瘡にかかって顔が包帯ぐるぐる巻きになった子役演じる少年時代の吉宗が、包帯を取ると西田敏行に変わってる演出が面白い!! 子役から本役へのチェンジの仕方としては、かなり強烈ですね。
しかし西田さんは大河出演数多いなぁ。

五代将軍・徳川綱吉を演じるのは津川雅彦。
私の中では徳川家康=津川雅彦ってイメージで固まっているのですが、家康を演じている時の演技とはまったく違っていて、「役者ってすげぇなぁ」と感嘆いたしました。

そうそう。私が毎年、大河ドラマで楽しみにしているのはオープニング。
映像と曲が素晴らしくマッチしているのが大好きです。
本作のテーマ曲は「独眼竜政宗」と同じく池辺晋一郎が本編BGMも含めて担当。
映像はCGを使って屏風絵を動かすアニメーションです。これがまた面白い!
曲も映像も愉快でイイですねー。池辺さんの書く大河のテーマ曲は全部好きだな。

総集編第一部は幼少期から紀州の藩主になるまでが主に描かれていました。
4クールもあるドラマを数時間にまとめあげるので、大分端折っているのだろうけど、上手く編集してあったと思います。徳川の政治劇をコミカルな要素を混ぜて面白く見せているのは好感触。

早く第二部を見たい気分になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
別窓 | 雑記 | コメント:0
200904081730
<<『ワンダと巨像』が映画化だと!? | Lounge ”Himajin” Killer | 鋼FA第1話を見て?新キャストの件?>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。