スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
クライマーズ・ハイ(NHK版)感想
以前に鑑賞した映画版が面白かったので、NHK制作のドラマ版に興味を持ち、
TSUTAYAでレンタルしてきました。原作は未読です。

クライマーズ・ハイ [DVD]クライマーズ・ハイ [DVD]
(2006/05/12)
佐藤浩市大森南朋

商品詳細を見る

いやぁ面白かった!良いドラマを見させてもらいました!

心に残るシーンは色々あったけど、
前編のホルモン屋での悠木(佐藤浩市)と等々力(岸辺一徳)のバトルが熱い。
そして、あのバトルを見た後に後編を見るとグッとくるなぁ。。。

「ホルモンでぇ?す」はナイスな演出でした。

NHK版と映画版を比べるのがまた楽しい。
どちらも見ていて面白いけど、私は作品としてはNHK版の方が好みです。

特にNHK版は親子関係の描写が細かかったのが良かった。
息子を殴るシーン、娘との会話のシーンは強く印象に残りました。

映画ではカットされた望月彩子(石原さとみ)の件。
これは話の肝に関わる部分だと思うから、きちんと盛り込んだNHK版の方を評価したい。

そして悠木の苦悩を演じきった佐藤浩市に拍手。

映画の凄かったところと言えば、大部屋の描写や山岳地帯の撮影だね。
共同通信のニュース速報が流れる時の緊張感とか良かったし、
現場の再現がされていたのは、映画の規模を感じられたなぁ。

NHK版は実際に放送された当時のニュース番組に頼ってたからね。
でも、若き日の松平アナが原稿を読んでる映像は妙に緊張感がありました。

映画版といえば佐山役の堺雅人の演技が素晴らしかったよなぁ。
私が映画版も好きな理由はそこかもしれない。

ってことでNHK版も映画版もオススメしたいと思います。
甲乙付け難いキャスティングなんだよなぁ。

今度は原作を読んでみよう。
別窓 | 雑記 | コメント:0
200905082017
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第6話「希望の道」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第5話「哀しみの雨」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。