スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」感想
※ネタバレのある感想記事なので注意してください。

5月2日に友人2人とエウレカ見てきました。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

放送時は切ったけど、後で全話見た私。
放送時から絶賛の友人A。
スパロボの影響か最近見始めたばかりの友人B。

こんなメンツです。鑑賞後の感想で3人とも共通していたのは、「よくわからん」って事でした(苦笑)

内容の理解がよく出来なかったのは、立ち見で疲れたという影響もあるけど、
私の場合は"ノれなかったから"だと思う。
面白い映画ってスゥーと入っていけるけど、これは話の流れがゴチャゴチャしてる気がした。
頭の中で想像した事をごった煮にしたって感じ。だから見てて混乱し疲れた。
これが率直な感想。もう何回か見直したいので、Blu-rayを購入しようと思います。

TV版からの大きな変化を受け入れられない人もいるみたいですが、私は大丈夫だった。

でも、劇場版のレントン達を見ていると同時に、TV版の彼らも浮かび、
そのギャップに驚き、悲しみ、内容どころじゃなかった時々があった(笑)

特に残酷な運命を背負わされた第303独立愚連隊とか。なんか悲しかった。軽く鬱。
他にも、強引に迫ったハップとストナーの死に方、殺されたベア博士、
ロリペド化したデューイ、レントンの祖父じゃないアクセルetc・・・

だから「別物だから割り切れ」と言われても、割り切れない人がいるのも分かるんだよなぁ。

キャラの立ち位置が大胆に変わったのは、私が内容理解し辛かった理由の一つだと思います。

TV版で長い時間をかけて熟成されていったキャラ達が、ああも変わってるんだもん。
「こいつは映画ではこういう役割なのか」と把握するまでに、TV版の記憶が邪魔するんだ。

でも逆に良くなったなぁと感じたキャラもいた。
その代表例がコーダ。TV版では、気にもしていないキャラだったのに(笑)
カッコいい女性になってましたね。髪型のせいか、ハルル・アジバが浮かんだり。

あとエウレカは大分可愛い系の路線に入ってたね。
表情豊かになってたし。言動もそれっぽい。
てか、エウレカの「バカバカバカァ?」とか映画館でやられるとこっ恥ずかしい(苦笑)

恋愛描写はベタな感じだったね。
でも劇場版の重い主筋の中では浮いてたかも。ほどよい具合にしといて欲しかった。

あと、さすがにラストの「あうあう」言ってるエウレカは狙ってる感がして冷めたわ。。。

本作の特徴だったサブカル臭を排除したのは個人的にはGOOD。
TV版で寒いなと感じたタイプの人間だったのでね。
だが「ドーハの悲劇」とか「ネバーランド」などの用語を出してきたのが恥ずかしい。てか寒い。

そんな感じで、決して高評価はできない映画でした。
ただ、見直してもっと理解を深めたい映画でもありました。

にほんブログ村 アニメブログへ

公式ガイドブック 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい公式ガイドブック 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
(2009/04/29)
ニュータイプ

商品詳細を見る


交響詩篇エウレカセブン  ポケットが虹でいっぱい (角川スニーカー文庫)交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい (角川スニーカー文庫)
(2009/05/01)
杉原 智則

商品詳細を見る

交響詩篇エウレカセブン -ポケットが虹でいっぱい- MUSIC COLLECTION交響詩篇エウレカセブン -ポケットが虹でいっぱい- MUSIC COLLECTION
(2009/06/24)
アニメ主題歌

商品詳細を見る
別窓 | アニメの話題 | コメント:2
200905170226
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第6話「希望の道」感想>>
この記事のコメント
 
200905171811
劇場版はハップの扱いがひどい。
年齢○○才にしてトイレで裸になる癖を身につけ、女の子を襲い、その直後に瞬殺される。
設定を頭に入れながら見ると楽しい映画ですね。
2009-05-17 Sun | URL | デュラ #-[ 内容変更]

 
200905171909
>デュラさん
ハップの扱いの酷さは悲しかったです。。。
TV版への愛がある人には辛い描写があったと思います。

設定把握が大変だったので、ガイド本や監督インタビュー等を読んで、理解を深めました。
Blu-rayでの再視聴を楽しみにしてるところです!!
2009-05-17 Sun | URL | John Doe #MDo56pwE[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。