スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 その4
感想記事その4です。パンフの表紙はネタバレチックで危険だと思うんだ

感想その1:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-555.html
感想その2:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-556.html
感想その3:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-557.html
感想その4:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-558.html
感想総括:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-559.html
いよいよ終盤です。

神回である第拾九話「男の戦い」をクライマックスに持ってきたかぁ。
キレちゃったシンジはネルフ本部の上で地団駄。
TV版よりも巧い表現だと思います。ここ見てるとき作画巧いなぁと感心してたw

アスカは一命は取り留めた様子。
しかし精神汚染の恐れがあるため隔離されることに。
「貴重なサンプルだもの」リッちゃん、キツイぜその台詞・・・

シンジは二度と乗らないと決めて去ろうとする。
ここらへんの流れはTV版と基本的に一緒。
玄関でミサトがシンジに話すシーンの三石さんの演技が素晴らしかったです。

第10使徒登場。デザインが結構変わっています。
強固なATフィールド。相変わらずの無双っぷりだぜ。
マリは2号機に搭乗し使徒に挑む。予告で使われたカットの2号機はマリが操縦してたんだ…
それにしてもよく動く。作画の苦労は相当だったでしょう・・御疲れ様ですm(_ _ )m

「裏コード、ザ・ビースト!」
なにぃぃぃぃぃ!?エヴァが新たな形態に!!
BGMは予告でも使われていた「The Final Decision We All Must Take」
熱い!熱すぎる!!まるで別のアニメのようだww

しかしあっさりやられる・・・マリは噛ませ犬だったのか・・・
そこへ零号機が現れ特攻。
「碇君がもうエヴァに乗らなくて良いように」
コクピットにはシンジのS-DATが・・・泣ける・・・

だがも特攻も意味なく・・・シンジの目の前で零号機は第10使徒に喰われる。
エヴァが使徒を喰ったTV版とは真逆・・・!
これによってセントラルドグマを通れるとは・・・
あの喰われ方は怖かったなぁ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そしてシンジは初号機のもとへ走る!
「父さん!僕は、エヴァンゲリオン初号機パイロット!碇シンジです!!」
このシーン、TV版とはちょっと変わってますよね。
父さん!と一言入れて、ゲンドウがたじろくカットを挿入するだけで印象変わるなぁ。
シンジの意思の強さが強調されている。

ミサトたちの危機を救い、使徒を追い詰めるもエネルギー切れ。
初号機は貫かれる。吹き出る血・・・叫ぶミサト・・・暗転・・・

「綾波を返せ!」

初号機覚醒の時。
だがこのままではシンジがヒトでいられなくなってしまう。それでも願いのために戦う!
「行きなさい、シンジ君!誰かのためではなく、自分自身の願いのために!」
マジ鳥肌・・・シンちゃんカッコよすぎる・・・ミサトも熱すぎるぜ(TДT)

「翼をください」が流れる。
「今日の日はさようなら」は狂気に満ちてて良かったが、これは狙いすぎ感が。

だけどシンジの「来い!!!!」でそんな気持ちも吹っ飛んだ!
あの時、レイがふと見せた表情は印象的でした。。。
愛だ・・・かつての鬱屈したエヴァとは違う!
これぞエンターテインメントだ。。。感動した。・゚・(ノД`)・゚・。

レイを見事救ったシンジ。
初号機はシンジとレイを取り込み人の域を超え、新たな生命体となる。
「古の生命体は滅ぼされ、サードインパクトが始まり、世界は終わる

そしてエンディングへ。
新曲だと思ってたらBeautiful Worldのリミックス。ちょっと残念。

エンディング後、突如、槍が飛来し初号機を貫く。
カヲルが6号機に乗って月からやってくる。。。
「今度こそ君だけは幸せにしてみせる」

うぉぉぉぉぉぉ!!!!!
また美味しいところ持っていったぞカヲル君wwwラストで映画館が沸いてましたよw
初号機の覚醒がロンギヌスの槍(?)によって止められたのは一体・・・
謎を残し、気にならせる終わり方はエヴァらしいわw
「男の戦い」をベースに「涙」、「最後のシ者」の要素も混ざって、実に濃厚なクライマックスでした。

予告のナレーション
レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機
廃棄される要塞都市。幽閉されるネルフ関係者。
ドグマへと投下されるエヴァ6号機。胎動するエヴァ8号機とそのパイロット。
ついに集う、運命を仕組まれた子供達。
果たして、生きることを望む人々の物語は、どこへ続くのか。


あのまま凍結されちゃうのか。要塞都市は廃棄/(^o^)\ナンテコッタイ
ネルフ関係者の幽閉。戦自に殺されないだけでも幸せだ。。。
6号機と8号機、どこまで増えるのエヴァ。そして8号機のパイロットは誰?
ヽ(`Д´)ノウワァァァン 気になる!!

てか、とりあえずね・・・
アスカが予告に出ててホッとした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
眼帯めっさ似合ってたー!
序から2年待たされ、ようやく破が見れたってのに、もうQが気になって仕方がないなんてw
それにしても「急」を「Q」とはやってくれるぜ!

今度は公開延期しないでくださいねー!

総括に続く。

感想その1:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-555.html
感想その2:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-556.html
感想その3:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-557.html
感想その4:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-558.html
感想総括:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-559.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200906280331
<<「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想総括 | Lounge ”Himajin” Killer | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 その3>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。