スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想総括
3回目の鑑賞に行ってきました。
今日の映画館はTHX環境だったので、体の真に響く良い音を堪能したぜ…

追記
7月1日:4回目と5回目の鑑賞へ。


鑑賞後から数時間経っても冷めない興奮から、つい長々と書いてしまった感想記事。
"総括"ってことで全体的に個人的な評価をしたいと思います。

感想その1:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-555.html
感想その2:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-556.html
感想その3:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-557.html
感想その4:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-558.html
感想総括:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-559.html
・ストーリーについて
「男の戦い」という神回を映画のクライマックスにもってきて、そこに「涙」「最後のシ者」。またEOE的な風味も少々混ざってくる構成は実にスペクタクル的。劇場作品として派手で良かった。

マリの登場、アスカに3号機に乗らせるなどの新展開はエヴァへの固定概念を破っていたと思う。

シンジとレイの関係の深まりは序のラストから通じている感があった。TV版ではレイが笑顔を見せた後でも、まだどこかよそよそしさがあったからね。また、TV版では最後までウジウジしして主人公としてどうかな?って感じだったシンジが、見事にになってました!主人公らしくなって(・∀・)イイ!!

新劇はエンタメしてて親しまれやすくなっていると思う。
でも1番楽しめるのはTV版&旧劇を見た人だ。
驚きの新要素・新展開はTV版を知っていてこそ堪能できると感じた。

・演出について
序盤はコミカルで楽しかった。
シンジを模倣させてアスカを風呂から素っ裸で現せる演出は笑わせていただきましたww

やっぱりアイス棒でミスリードを誘発させたのは褒めたい。見事にやられましたw
これはTV版を見たことがある人だけが騙される演出ですね。ある意味ファンサービスか。
しかし3号機にアスカが乗ると分かった時の恐怖感は尋常ではなかったよ。

プラグが噛み砕かれるシーンで、観客の変わりかのように叫び声を上げるシンジと、女性的な死に声が響かせる使徒には戦慄した。いい演出。でも、キツすぎたわ!w
あんなに声をあげたくなったアニメは他にないかもしれない。ガチで腰が抜けてしまった・・・

「今日の日はさようなら」を流すのは狂気に満ちてて良かったけど、
個人的に「翼をください」は演出がクド過ぎるように感じました。

「綾波を返せ」は間違いなく名台詞!
トラウマを吹き飛ばしてくれる熱い演出だった。序のラミエル変形の衝撃を超えたかもしれんね・・・

ウルトラマンの変身音やキングギドラの鳴き声、マットビハイクル、ワンダースワンなどの小ネタには笑った。
1番楽しんでいるのはスタッフなのかもしれませんね。
こういうのがあると、TV版の時とは違い、年数を重ねて得たスタッフの余裕を感じるんだよな。

・キャラクター
よく論点になるのはアスカの扱いと新キャラのマリを投入したことへの賛否。
個人的にはどっちも文句はなし!
アスカは再び酷い目にあったけど、いじらしくて可愛い娘になってたし、
Qでの復活というオイシイどころをもらっているから、とりあえずOK。

マリは謎が多い子だけど、実に面白いキャラだ。フリクリやトップ2に出てきそうだよね。
エヴァのぶっ壊しに見事、一役買ってくれたと思う。
坂本真綾の好演もあって魅力的でした。Q以降でどういう役割となるのか楽しみ♪

・メカニック&使徒について
1番ツボを突かれたのは街中にコース出現だな。どうもあそこで胸が躍ってしまうw
新劇場版の第3新東京市は要塞都市としての描かれ方がより強くて、より魅力的。
残念なことにQでは廃棄されるようだ・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

5号機の退場は早すぎて泣いた。好きだったんだけどなぁ?勿体無い。
2号機は新デザイン&新装備がΣd(゚∀゚d)イカス!
ビーストモードでリミッターが解除されていく画はワクワクした。
それにしても相変わらずアクション担当っぷりだったね。
零号機は喰われちゃったからもう出てこないのかな?

覚醒した初号機は作画の力も相まってガチで凄かった・・・(´Д`)
あとね新劇で蛍光色を取り入れたのはやっぱりナイスだわ。夜間戦闘で映える。

マーク6のデザインはマジ好みでした。もっと動いてる姿が早くみたい。
でもなんで6号機はマーク6って呼ばれてたんだろう?

新使徒は全部カッコいい。
どれもこれもラスボス級のスケール。
第7使徒は大画面で見る価値があるデザイン。本作で1番お気に入りの使徒です。
第8使徒はCGを巧く使っていて良かった。中から人型みたいなのが出てきたのはインパクトあったわ。
第9使徒(三号機)は、腕が生えてきたことに驚いた。意外なことをしてくる。
TV版では最強と謳われていた第10使徒。相変わらず半端ねぇ・・・恐怖すら感じました。

・作画&CG
新作画が大増量してた。特筆すべきはやっぱりアクションシーンですかね。
トップレベルのアニメーター達が生んだ映像は感動ものでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
エンディングで原画スタッフを見るだけでも楽しかった件。

CGの使い方は序に引き続いて巧かったなぁ。。。
観客がCGアニメ慣れしてきたという点もあるけど、ここまで違和感なくできるのはさすが。
序が製作発表された頃、CGを使うと聞いて勘弁してくれと思ってたこともあったっけw

・音楽
カレカノの曲が多すぎ!!w なぜあそこまで流用した?
太陽を盗んだ男のBGMや昭和の歌を数曲使ったは単なる趣味?
いずれも演出意図がありそうな気はする。。。

鷺巣サウンドは健在。初っ端の第3使徒戦から壮大な曲で痺れた。
サントラ?もちろん予約済みですよ。>

Beautiful Worldは大好きだけど、できれば新曲のほうが良かったかな。。。
序が原曲、破はリミックス。じゃあQは別リミックスで最終作が新曲になるのかも?

・果たして今後は・・・
ミサトがセカンドインパクトで見た4体の白い影(ADAMS?)、ネブカドネザルの鍵、マリの正体、カヲルの意図、アスカの眼帯・・・とにかく謎は増えていく。果たしてあと2作で解明されるのか心配。

「また三番目」、「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」
カヲルの意味深な台詞からはループ説を思い浮かべるけど、庵野が仕組んだ罠かもしれん!
何もかもミスリードを誘っているような気がしてきたw

アスカは眼帯を左目につけていたけど、旧劇で包帯を巻いていたほうと一緒なのが気になる。
しかしさ、予告にアスカを出さなかったら大変なことになってただろうねw

・まとめ
映画館で拍手が起こる作品は多くない。
序では初めて映画館での拍手を体験しました。そして次に体験したのは今回の破でした。

破の鑑賞は至福の時間でした。
今はTV版を見ていた頃の先が気になって仕方がない感覚に再び見舞われています。
心の底から「面白い」と言える映画だった!

公開2日間で興行収入が5億円を突破したそうです。スゴイ・・・

サントラや全記録集の発売、そして次回作を楽しみに待っています!

感想その1:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-555.html
感想その2:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-556.html
感想その3:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-557.html
感想その4:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-558.html
感想総括:http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-559.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
別窓 | アニメの話題 | コメント:2
200906292229
<<エヴァ再放送の感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 その4>>
この記事のコメント
 
見ていくと、評価が上がっていく・・・
200906292353
なんか・・・一回、見た後に、もう一回見に行くと・・・ってな、感じで。二度、見に行くと、また、評価が上がって行くと申しましょうか。凄い、面白くなっていくんですよね。
何気に、水族館のシーンで、人間5人、鳥1羽と書いてあったりと・・・
「今日の日はさようなら」は、もう、ある種、狂気のような物を感じました・・・
そして、やっぱり、第10使徒は、恐怖を覚えましたね。逆に、ヱヴァを捕食するっていう・・・パックリと・・・いやぁ・・・恐いです。
また、新しい、発見が出来たりと。今日、二回目でした。凄い、面白いですねぇ・・・もう、明らかな、トウジのフラグが・・・普通に、アイスとかの場面を見れば、誰だって、トウジが乗るって、思っちゃいますよ!見事に、やられちゃいましたねぇ・・・
カヲルの、今度こそ・・・とか、どういう意味なんだろうって言う。色々と、考えているけど、庵野さんの考えが・・・
マリの謎も、秘めて・・・
仮設五号機をもっと、活躍させてほしかったです。アレで、終わりは、ある種、残念すぎます。
あぁー!!この話を、語りだすと止まらない!!!
明後日、3回目を見てきます!!
また・・・評価が、上がるんだろうなぁ・・・
2009-06-29 Mon | URL | 月 #-[ 内容変更]

 
200906301955
いやぁ~トウジの件は完全にやられましたw
カヲルは旧劇と新劇がループしていると思わせるような台詞を言いますよね。
序の冒頭は赤い海だったし、やっぱ繋がっているのかな?と思いきや・・・
赤い海の真相は加持さんが話してたし・・・

サードインパクトが始まりかけた要因もはっきりとは分からない。旧劇とは明らかに違う。
4体の白い巨人、天使の輪(序の"DVDから追加"された要素)、マリの正体、
予告の小さなレイ・・・あぁ!謎が多すぎる!!けど面白い!w
謎解きのために、注意してスクリーンを見ないと!

面白い作品を見た後って、凄い喪失感がありますよね。
破で見事にかなりの喪失感に襲われてます(笑)
旧劇を見終わったときの感覚にちょっと似てるかも。

二回目以降は見にいくと何だか安心しました。また、あの世界観に浸れる快感と喜び。
それを2時間近く、劇場内で体感できるのはなんて幸せなんだろう(涙)
これほど純粋にアニメを面白いと感じられたのは久しぶりでした。

何度見ても新しい発見があるし、繰り返しの視聴に耐えうるクオリティ!
まだまだ見に行くつもりです。僕の中でもまだまだ評価があがりそう♪
2009-06-30 Tue | URL | John Doe #MDo56pwE[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。