スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
救命病棟24時 第4シリーズ 最終話 感想
救命病棟24時 第4シリーズ DVD-BOX救命病棟24時 第4シリーズ DVD-BOX
(2010/01/20)
江口洋介松嶋菜々子

商品詳細を見る

最終回を見た。

最後まで救命っぽくないシリーズだったなぁと痛感。

今を戦う進藤、明日のために戦う澤井ってまとめ方は踊るの青島と室井を連想せざるを得ない。
もっと新鮮さが欲しかった・・・

救命崩壊をテーマに掲げていたのに、うまく処理できていなかったぞ脚本家。
第4シリーズ1番の癌は脚本だと思う。

救命崩壊はあくまで作品の要素の一つとして、エンタメに徹して欲しかったなぁ。
元はそういう作品だし。

特に進藤のゴッドハンドっぷりが披露されなかったのは大不満!!
進藤の早い処置を見て、皆が驚くシーンとか最高だったのにね。。。
江口ファンの皆さんもがっかりしたのではないかなぁ。

全体的に緊張感、スピード感に欠けていたので演出もどうかと思った。

これでは冬のスペシャルも不安・・・
別窓 | ドラマの話題 | コメント:0
200909261851
<<「医龍?Team Medical Dragon?」にハマる | Lounge ”Himajin” Killer | 救命病棟24時 第4シリーズ 第6話 感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。