スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
「チーム・バチスタの栄光」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見た
今月末に公開する「ゴールデン・スランバー」の余興ってことで中村義洋監督の「チーム・バチスタの栄光」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見ました。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る
チーム・バチスタのほうは原作既読済。

田口を女性に変えて、オトボケキャラにしたのはアリだと思う。竹内結子が可愛かった。
阿部ちゃんは相変わらず変人を演じさせたら最高。あの嫌味ったらしさは白鳥そのもの。

しかしどうにも一本調子で面白みにかけている。
登場人物たちの描き込みも足りなく感じた。人数が多いから仕方がないけどね。
オチのつけ方も洒落の効いた原作に比べてイマイチだったかな。

でもオペシーンで臓器を直接映せるのはやはり映画だからこそ。

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]
(2009/09/09)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る

一方、ジェネラル・ルージュはとても楽しめた。実にエンタメしてる医療サスペンスだ。
2作目でこうも出来が良くなるとは思わなかった(笑)

堺雅人演じる速水が何より魅力的。
彼のあの目つき、不気味な笑顔はホント(・∀・)イイ!!
竹内結子も阿部寛も負けていない!主要3人がしっかりキャラ立ちしているね。

ラストの速水と師長のロマンスも程よかった。
飛んでいるヘリが部屋のモニターに映ったシーンはグッときたなぁ。

ジェネラル・ルージュの由来も茶目っ気が利いてて海堂作品らしさがあるね。素敵。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」はオススメ。
「チーム・バチスタの栄光」はそちらを見る前の"予習"として見とくべきかな。

この2作を見て竹内結子を見直したっていうか評価したな。なんか可愛い。
実はあんまり彼女の作品を見てなかったのよね。「ランチの女王」は好きで見てたけど。

阿部ちゃんと堺さんはもとから大好きな俳優さんなので堪能させていただきました。
別窓 | 映画の話題 | コメント:0
201001260133
<<NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「龍馬伝 Vol.1」 | Lounge ”Himajin” Killer | 龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。