スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
PERSONA -trinity soul- 第1話 「特A潜在」 感想
pts-1-6

第1話 「特A潜在」のキャプつき感想です。
ペルソナ3はまだクリアしていませんが持っているので、興味を抱いた本作。
舞台となるのは10年前に発生した“同時多発無気力症”による災害から復興を遂げた綾凪市。
ペルソナ3の10年後なんですね。

pts-1-1
神郷慎と洵は兄の諒が住む綾凪市に戻って来たようです.
一方、警察署長である諒は何か特別な捜査をしているみたい。諒の声が子安なのが(・∀・)イイ!!
諒が電話で会話している人物は声優が緑川!?これはペルソナ3をやったことがある人はニヤリとしますねw


pts-1-2
ぺルソナを使った戦いはどう表現してくるか気になってたけど、CGでやるのね。



驚いたのが一人しかいない部屋から聞こえてくる二人の会話。どうやら洵には秘密がありそう。pts-1-5
妹がいたようだけど、もしかして妹の魂が洵に宿ったとか?それともただの二重人格?
う?ん、興味深い。つかみゆきちはさすがだねww

pts-1-3
ガラスに映る洵。二面性をあらわしたカットが何箇所かありました。


最後は慎が力に目覚めて終わり。
pts-1-4


結構、シリアスな路線でいくんですね。雰囲気とか気に入りましたよ。
特に岩崎氏のBGMが良かったです。そういやペルソナ3の音楽が使われてましたね。
原作の曲を使ったり原作キャラのイゴールを登場させるなどファン向け要素もあるようです。
実は、単にキャラデザを原作風味にして中身は大してないんじゃないかと思ってたりしましたが、結構、話はしっかりしてる印象で自分が思っていたよりいい出来でした。良作の匂いがする。
1話としては中々、視聴者を惹きつける要素があったかな?今後の話の展開が気になりますね。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200801061233
<<シゴフミ 第1話「コクハク」 | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」 感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。