スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
PERSONA -trinity soul- 第4話「くじらのはね」 感想
pts-4-4

第4話感想です。ユキ登場。
戦闘なしでも面白い。

けっこう丁寧な人物描写だし、別に戦闘物としてみてない私にとっては中々面白かった話でした。
演出も意外と細かいアニメですね。そこらの深夜アニメよりも凝ってますよ。
あとゲームも音楽良かったけど、アニメ版も負けてないなぁ。BGM(・∀・)イイ!!

それにしても三男がけしからん!学校で洵をいじめてた奴は万死に値するなw
pts-4-1
それとみゆきちの洵とユキの演じわけは面白かったです。切り替わるタイミングとかも良かった。

ユキの登場シーンはドキってしたw 
pts-4-2
倒れた洵に駆け寄った諒は、ちゃんと弟を心配してるお兄さんでした。
ここで額の傷を髪で隠す演出が好き。
そんな諒に何かを感じたのか刑事に嘘をついた慎。

額の傷、手術、謎の少女、くじらのはね等、伏線も張ってました。
pts-4-3

謎は深まるばかり・・・

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメの話題 | コメント:0
200801271131
<<シゴフミ 第4話 「ナミダ」 感想 | Lounge ”Himajin” Killer | 機動戦士ガンダム00 第16話「トリニティ」 感想>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lounge ”Himajin” Killer |
copyright © 2006 Lounge ”Himajin” Killer all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。